So-net無料ブログ作成
検索選択

2016 KICAフェスティバル ファブリック・小物下見レポート [イベント]



KICA会員 EN

・日時:106日(木)

・時間:10301730
・場所:自由が丘~目黒通り~表参道エリア~外苑前
・参加者:KICAメンバー 5

 今年のKICAフェスティヴァルは20161111日(金)~16日(水)に横浜元町エリスマン邸にて開催されます。ちなみに今回のテーマは「色・彩いろ」~あなたの暮らし、何色?~です。会場の3部屋を様々な色でコーディネートし、ご来場頂いたお客様の暮らしも彩ってもらいたい、そんな想いのこもったテーマです。

今回は実行委員5名による自由が丘から外苑前まで至る、ファブリックと小物の下見を新人Eがレポートします。

 曇天続きから一転、晴天というか30度を超える夏日となり、体力が持つかしら?とちょっと不安になりつつ、、、最初にコーディネートの要となるファブリックを決めるために、北欧ファブリックや小物を取り扱う「FIQ自由が丘」へ向かいます。

①自由が丘FIQ.jpg

小さな店内にぎっしり詰まった北欧ファブリックを片端から見ていきます。大きな状態で展示されているので、柄をよく見ることができます。

見たかったのはサンルームのメインに考えている、あるファブリックの実物です。本物は思った通り大胆かつ大人の色味のとても素敵なファブリック。ヒントはマリメッコでも活躍されている日本人デザイナーの作品です。サンルームでもきっと目を引くはずなので、お楽しみに!

その後はバスに乗って目黒通りの通称「インテリア通り」に行きます。

今回の下見を計画下さったKさん先導のもと、いろいろなショップを巡ります。

最初に見たのは、pour annick、北欧系のビンテージ家具を取り扱うお店です。

リビングによさそうなクッションを見つけました。スペインの生地で作ったバイヤーさんもお気に入りだという一品です。Kさん、以前にご自宅用にご購入済みとのことで、リビングに置くクッション候補になりました。

新人Eも展示の参考になりそうなディスプレイを見て回ります。目黒通りは参考になるものが多すぎ、あちらこちらにうろうろ、、、。

②POINT№39.jpg

SILKはアンティーク家具のショップですが、個人的に大好きなシノワズリがいっぱい置いてあります。鳥籠にライトをつけた照明素敵です。アイアンのランプや雪洞風のライトなど置くだけで雰囲気を変えられそうなものにあふれています。

③SILK外観.jpg ④SILKライト.JPG



Lewisは暗めの照明がとてもムーディーなミクスチャー系のショップです。革張りの洋書を使ったディスプレイがところどころにあり、こういうテイストが今の流行りなのだな、と思いました。目黒通りはトレンドを探る上でも外せませんね。

⑤Lewis外観.jpg ⑥Lewis店内.jpg



Stacksは人気デザイナーズ家具・照明のリプロダクト中心のお店です。フランク・ロイド・ライトのタリアセンが驚きの価格です!この他にもアーティチョークやバブルランプなど有名なデザイナーの作品がたくさん。タリアセンはエリスマン邸のリビングにどうか?と考えている様子です。

⑦Stacks店内.jpg


目黒通り最後に見たKARFは見ごたえのある3階建てです。目黒通りといえばこのショップの名前が挙がらないことはない位、有名なショップですよね。ディスプレイやコーナーつくりがさりげないのに凝っていて、これにこのアイテムを合わせるのか!と目から鱗の数々です。

⑧KARF外観.jpg ⑨KARF.jpg 



表参道に移動し、ランチの後は骨董通りを抜け、賛助会員の「GERVASONI JAPAN」へ。GERVASONI1882年に創立されたイタリアを代表するメーカーです。こちらは2013年に国内初のショールームとしてオープンされました。

⑩ジェルバゾーニ外観.JPG ⑪ジェルバゾーニ店内.jpg

どれもびっくりするようなお値段がついていますが、それも納得のフォルムの美しさとデザインの意外性、そして家具としてもとても機能的な逸品ばかりが並びます。



ここではサンルームに使用する一人かけソファと籐のサイドテーブルを借りることになりました。こんな色味のソファは初めて見ます。パープルの色とグリーンのハイピングがため息のでるほど素敵です。

セレクトショップのセンプレで小物を見に行きます。店内には所狭しと家具や小物が並んでいます。ところどころのディスプレイが人の目線の高さをよく考えた置き方になっていて、グリーンの生け方などもシンプルかつとてもスタイリッシュ。地下セミナールーム入口の展示を新人で担当するのですが、参考になりそうなヒントがいっぱいです。

⑫センプレ-1.JPG ⑬センプレ-2.JPG

次はオランダ初、今最も注目されているインテリアブランドといわれるmoooiへ。大胆なデザインの照明の数々に圧倒されました。どんな豪邸だったらこんな照明が似合うのでしょう。

⑭moooi外観.jpg ⑮moooi店内.jpg



少々メンバーに疲れが見えたので、フラワーショップ「ニコライ・バーグマン」のカフェで休憩します。いつも感度の高そうな人たちで賑わっている店内ですね。休憩の間もニコライ・バーグマンの斬新なフラワーアレンジメントをチェックし、アイデアを練る委員たち。そのパワフルさを新人の私も見習わねば!



 休憩で力を取り戻した後は、スパイラルマーケット5階にあるCALLへ。ミナ ペルホネンによるレストランとセレクトショップがゆったり仕切られた空間に存在する、ちょっと不思議な場所です。天井も壁もミナ ペルホネンのタイルでできていておとぎの世界に迷いこんだよう。ここでは以前に目をつけていたグレーのカップ&ソーサーが販売されていることを確認しました。



 外苑前まで歩きます。そろそろ足の痛みが、、、頑張れ。いや本当にインテリアコーディネーターは体が資本。



 ヤマギワショールームへ。全体にグレイッシュなトーンでまとめられた店内に、照明がよく生えます。天井に設置されているシャンデリアはゴージャスの一言です。ここではフランク・ロイド・ライトのタリアセンをチェックします。



 最後に向かったのはシボネ、家具やファブリック、洋服食器やカトラリー、植物も取り扱う表参道を代表するセレクトショップの一つです。ここにくるとあっと驚きのあるデザインが必ず一つは見つかります。ディスプレイも一見自分でできそうに見えるけど、プロの仕事ですね。



 これで本日の下見は終了です。皆さんお疲れ様でした。先導下さったKさん、ありがとうございます!コーディネートはこれから作り込んでいくので、これからが正念場ですね。新人E、まだまだ自分の経験不足と力不足を痛感しましたが、フェス成功に向けて頑張る所存です。



ここまでお読み頂き、ありがとうございました!





 









 












nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。